電気メンテナンス・電気制御盤の修理いたします

お客様から「長年使った機械が壊れた」「生産に支障をきたして困っている」などのご連絡があります。弊社は長年の加工機械の設計、製造、据え付け、保守の経験40年の経験を元に皆様のお困りごとの解決ができればと考えております。

機械の修理をオールラウンドでする場合、機械の図面も書けなければならないし、その機械固有の特性の理解も必要です突然の機械の故障に対応します


突然の機械の故障に対応します:まずは弊社までご連絡下さい。ヒアリングして、対応可能かどうかを判断します。
低予算での機械修理を提案します
機械全体の寿命が来ている場合を除き、対応可能です。市販の交換部品がなくなって廃盤となっている場合は、代替部品を使います。しかし、代替部品が取り付け不能な場合には、機械本体へ部品取り付け用のアダプターの取り付けが必要になります。

機械が壊れるときのパターンと原因、兆候と対応例を簡単にまとめておきました。ご参照ください。(あてはまるjケースとそうでないけーすがあるのでご注意下さい)

兆候 原因 対応
機械駆動系 ベルトの移動が重い
回転が重い
初期は油切れなどが原因でも、放置すると「かじり」が発生して駆動部品が摩耗します。 駆動系部品を作ることになります。
機械回転系 異音がする。回転が重くなる。 たいがいの場合、ベアリングの摩耗が原因です。 機械を分解して、ベアリングを交換します。
電気系 動作が不安定、On/Offが不安定 リレーやリミットスイッチが耐久限度となっているケース。おおよそ20万回が限度です。 リレーやリミットスイッチの交換が必要です
油圧/エア系 機械から油漏れがする、動作不良である。 ソレノイドバルブの中のシールが摩耗している。 ソレノイドバルブの取替交換が必要です。